美作の国、落合の里で共に信仰の歴史を刻む 天台宗 中藏山 圓融寺

夫婦庚申大祭 採燈大護摩供

平成31年4月7日(日)夫婦庚申大祭 採燈大護摩供を執り行いました。
今年は、奈義町の昭雲工房 山田尚公氏奉納の圓融寺境内の五葉の松で制作した叩き彫不動明王の開眼法要及び、一般の方もご参加できる火渡り神事も行いました。
多数のご参拝ありがとうございました。

観音様の夏祈祷、並びにゆかり観音開眼供養

毎年恒例の観音様の夏祈祷を催行しました。
今年はご縁があってお迎えした、縁観音様の開眼供養を行いました。
夏の暑さに負けず健康で過ごせますよう、米や野菜が病害虫にかからず豊作になりますよう、お祈りしますのが「夏祈祷」です。

夫婦庚申大祭 採燈大護摩供

平成30年夫婦庚申大祭 採燈大護摩供 無事厳修いたしました。
比叡山での修行時代からのご縁を頂き、ちょうど200年前に入仏されました梵天・青面金剛童子 様に想いを馳せながら、皆様の願いを祈念させていただきました。

本尊不動明王開扉 晋山奉告法要厳修

長道圓俊が第27世住職を拝命し、晋山式が執り行われました。
大勢の僧侶、稚児行列、檀信徒多数の列席を賜り、滞りなく終了しました 晋山に当たり圓俊は三年前から毎年、海抜0mから精進湖まで四日間の荒行(修験毎年開催最長距離日本一)大和修験道富士山(冨嶽両界峯入)修行を勤め晋山式に臨みました。